Vimとボクと、ときどき、PHP

Vim好きなエンジニア(主にPHP開発)が不定期に技術情報やネタを書いていくブログです

Home » トラックボールマウスのススメ

トラックボールマウスのススメ

私はマウスをあまり使いません。ファイルの編集やコピー、削除などは、ほぼ全てコマンドで操作します。別にGUIが嫌いなわけではないのですが、フォルダを開いて一覧から目的のファイルを探してクリックして・・・と操作するより、コマンドラインでパスをだだーっと打ち込んで操作する方が速いのです。

とはいえ、マウスを全く使わないかというとそういうわけではなく、ブラウジングしたりウィンドウの移動を行う場合はマウスを使います。ある程度の頻度で使う以上、それなりにマウスにもこだわりを持ってしまうのが人情。そんな私がオススメしたいのが、ずばり「トラックボールマウス」です。

トラックボールマウスってそもそも何?

私が使っているのはこんなマウスです。

trackball_mouse

なんか汚いってのは言わないお約束。

製品情報はこちら

ボールの位置が異なるものもありますが、トラックボールマウスと言えば、ほぼこの形状でしょう。

どうやって使うの?

見ての通り、マウスを持ったときに親指がくる位置に、でかいボールがついています。
通常マウスの操作は、ポインタを動かしたい方向にマウス本体を動かしますが、トラックボールマウスの場合はこのボールをグリグリと動かすことでポインタを移動します。

これの何がいいの?

トラックボールマウスの良さを思い付く限り挙げてみます。

マウスを動かす領域がいらない

普通のマウスは本体を動かす必要があるため、机の上にマウスを動かせるだけの領域を確保する必要がありますが、トラックボールマウスはマウス本体を動かす必要がないため、最小限(マウスが置けるだけ)のスペースを確保すればよいのです。
デュアルディスプレイ(ディスプレイを左右に2枚並べるやつ)を使っているとポインタが左右に動く量が大きく、机のスペースも広めに確保しなければなりませんが、トラックボールマウスならその心配もありません。
マウスが左(もしくは右)に行きすぎて障害物に当たり、いったん持ち上げて位置を戻して再度移動なんていうストレスからも解放されます。

マウスが迷子にならない

マウスを動かす必要がないということは、マウスは常に最初に置いた位置にいるということ。ということは、マウスを見なくてもその位置が分かるということです。
キーボードを両手で打って、さてマウスで操作だというときにマウスの位置が移動していたら、まず「さてマウスはどこかな」というアクションが(無意識でも)入ることになり、視線をマウスの方向に移さなければなりません。
トラックボールマウスならその必要はなく、常にディスプレイを見ながらでもマウス操作ができますから、一瞬でも集中力を切らすことなく作業ができます。キーボードを叩くときはスマートにタッチタイピングなのに、マウスを操作するときはそっちを向いて探すとか、カッコ悪くないですか?

マウスの重さが気にならない

マウスを購入する際、個人個人で様々なこだわりがあると思います。手で持って(覆って)操作するものですから、「手の大きさ」など個人差の大きいポイントも入ってきますしね。
そんな中、結構大きなポイントのはずなのに見落としがちなのが、マウスの「重量」じゃないでしょうか?手で持って「動かす」わけですから、女性に限らず軽い方が扱いやすいでしょう。見た目や機能が気に入って買ったマウスが意外に重くて、使ってたら腕が疲れてしまったなんて経験、ありませんか?
トラックボールマウスなら、そんな心配は無用です。そもそも「動かす」という使い方ではないため、重かろうが軽かろうが関係ないのです。でも個人的な意見を言わせていただくと、「置いて」使うのである程度重い方が使いやすい気はします。

クリックのときにマウスがブレない

エクスプローラで複数のファイルを選択するとき、Ctrlキーを押しながらマウスで1つ1つ選択していくこと、ありますよね?このとき、リスト表示にしていると、「目的のファイルを選択しようとクリックしたら、なんか手がブレて別のファイルを選択しちゃった」ということ、ないですか?あるでしょ?
トラックボールマウスであれば、その心配もありません。慎重にクリックしたい場合は、親指をボールから離せば、たとえマウス自体が動いてしまったとしても、ポインタは動かないからです。同じような現象で、「ダブルクリックしようとしてポインタがブレた!」なんてこともないです。

袖が汚れにくい

マウスを動かすとき、手首を机にこする人は多いと思います。机の掃除をサボっていると、いつの間にかシャツの袖がこすれて黒くなっているなんてことも。
でもトラックボールマウスなら大丈夫!何度も言うように「動かす」という行為を行いませんので、袖が机についていても汚れにくいのです。でも掃除はしてください。

欠点もあるんでしょ?

ええ、もちろん、トラックボールマウスならではの欠点もあります。

慣れるのに時間がかかる(かも)

日常生活で、「親指をグリグリ動かしながら人指し指や中指を上下させる」という行動は、まずしません。ですので、トラックボールマウスを初めて使う人は、ほぼ思い通りには使えません。個人差はあると思いますが、最低限の練習は必要です。

普通のマウスに戻れない

便利だからという理由ではなく、操作性の違いによるものです。トラックボールマウスに慣れた後では、逆に普通のマウスが使いづらくなります。
いつもと違う環境で作業しなければならない場合は、高確率で普通のマウスを使うことになりますが、使い勝手の違いが非常に大きくストレスを感じるかもしれません。(過去にそんなようなことを書きましたね)
しかし、せいぜい「久しぶりに自転車に乗ったら最初は結構フラついた」程度の違和感なので、あまり問題はないでしょう。マウスなら持ち運びも簡単ですから、自分のトラックボールマウスを持っていくという解決策もあります。

絵を描いたりする人には向かない(のかな?)

私自身、画像処理関係の作業を行うことは滅多にありませんので想像でしかないのですが、トラックボールマウスで絵を描くのは結構難しいと思います。まだ普通のマウスの方がいいかと。要するに、あまりにも細かい作業はやりにくいということです。
まぁ、PCで絵を描くような人はペンタブレットみたいなのを使うと思いますので、そもそもトラックボールマウスを使おうという気にならないですかね?

左利きの人はどうするんだろう?

私が知る限り、トラックボールマウスは右手で使うように設計されています。ボールが人差し指と中指の間あたりに配置されている製品もありますから、それであれば左利きの人でも使えるでしょうが、その形状の製品は非常に少ないです。私は幸いにも右利きなので、困ったことはありませんが。
そういえば、左利きの人って、「鉛筆は左手で持つけど箸は右手」みたいな人がよくいますよね。マウスもそうなんですかね?右手で使えるように練習してるのかな?

で、最終的に何が言いたいの?

もちろん、「皆さんトラックボールマウスを使いましょう!」

Name of author

Name: よーすけ

Short Bio:

主にPHP開発をやってる社内PGです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です