Vimとボクと、ときどき、PHP

Vim好きなエンジニア(主にPHP開発)が不定期に技術情報やネタを書いていくブログです

Home » 隠す気が無くてもシークレットモードを使う

隠す気が無くてもシークレットモードを使う

FirefoxやChromeなど、メジャーなブラウザではシークレットモードが使えます(IEでも使えましたっけ?)。ブラウザを終了すれば履歴やログイン情報などが残らないモードなので、主にセキュリティ目的で使用されます。

しかし最近になって、シークレットモードの使い道ってセキュリティだけじゃないなということに気付きました(やっとかよ)。「履歴などが残らない」というのは、実は意外に強力なものでした。

同じサイトに異なるユーザでログインしたい

そんなことあんま無いだろと思われるかもしれませんが、

  • 自分のメールを見るためにずっとGmailにログインしていたいけど、会社の共有アドレス(お問い合わせメールなど)も別のGmailアカウント(関係者で共有)を使っているため、そちらでもログインしていたい
  • Webシステムを開発していて、本番サイトを自分でも使う(社内システムなど)けど、テスト用サイトとログイン情報を共有するようになっており、そちらではテストユーザでログインしたい

こんなケースです。ログイン情報はCookieを使っていることがほとんどで、同じブラウザ内で別タブを開いてもログイン情報が共有されてしまい、タブAでログインした後でタブBで別ユーザでログインすると、タブAのユーザも変わってしまいイライラすることも。 別ブラウザを使えば解決するのですが、ブックマークが無かったり使い勝手が違ったりしますし、ブラウザごとの表示を確認したいときもあります。

しかしシークレットモードを使えば、ノーマルモードとシークレットモードでCookieは共有されないので、同じブラウザでも別ユーザでログインすることができます。
ただ、3種類以上のユーザで同時ログインしたい場合は、3つ目からは別ブラウザにする必要がありますが。

まっさらな状態でアクセスしたときの挙動を確認したい

同じWebサイトでも、PCで見たときとスマホで見たときに表示が違う場合があります。
スマホ用のページ内に「PCサイトを見る」のような表示切替のボタンが配置されていて、タップするとPC用のページが見られるようになるサイト、見たことないですか?実現方法は様々ですが、これもCookieを使っていることがあります。「PCサイトを見る」を押した後は、どのページを見てもPC用のページを表示するように、Cookieに値をセットして判定するやり方ですね。

こういうサイトを作っていると、「そのサイトに始めてアクセスした人」の状況にして確認したいことが頻繁にあります。しかしそのためにはCookieを消す必要があり、なかなか手間です。
一旦ブラウザを終了すればいい(Cookieの有効期限にもよる)のですが、別タブで調べものをしながら作業をしているような場合は、PCサイト表示用のCookieを消すためだけにブラウザを終了するのは気が引けます。他のサイトのCookieも消えてしまいますしね(これも有効期限による)。

こんなときも、シークレットモードで起動すれば解決します。メインの作業はノーマルモードで行い、サイトの表示確認だけシークレットモードで行えば、シークレットモードのウィンドウを消してもう一度起動するだけで、Cookieはクリアな状態でスタートすることができます。意図せずセットされてしまった邪魔なCookieに悪さをされる心配もありません。

他人のPCを汚さないように

今はスマホやタブレットがあるので、こんなことはあまり無くなりましたが、いつも使っている自分のPCではなく他人のPCを借りて何かするケースがあります。友人の家に遊びにいって、ちょっとPCを借りてブラウジングしたい場合などです。

他人のPCなので、あまり勝手にいろいろいじったり変更したりはしたくないものです。しかしブラウザは見たページを勝手に「履歴」に追加していきますので、こちらにその気が無くても履歴を汚してしまうことになります。そのPCの持ち主が、自分が以前に見たページを履歴から探すような方だった場合は、迷惑をかけてしまうことにもなります。
また、自分も友人もGmailを使っていて、自分のメールを確認したい場合は、友人がログインしているアカウントから一旦ログアウトし、自分のアカウントでログインし直すことになるわけですが、自分が使い終わった後は友人のアカウントに再度ログインしてもらわなければなりません。自分のアカウントからログアウトし忘れてしまった際には、友人に自分のメールボックスを見られてしまうこともあります。

そこでもやはりシークレットモード。Cookieも履歴も汚さないため、他人に迷惑をかけることがありません。うっかりGmailなどからログアウトし忘れてしまっても、ウィンドウを閉じればログイン情報が消えますので安全です。

まだまだありそうだ

気付いていないだけで、他にもシークレットモードの有効活用法がありそうな予感がします。見つけたら追記していこうと思います。
いやー便利だ。これを本当の「シークレットサービス」と呼びたい。

Name of author

Name: よーすけ

Short Bio:

主にPHP開発をやってる社内PGです。

One thought on “隠す気が無くてもシークレットモードを使う

  • これ、あるあるですね。勉強になりました

    ・同じサイトに異なるユーザでログインしたい
    ・他人のPCを汚したくない

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です