Vimとボクと、ときどき、PHP

Vim好きなエンジニア(主にPHP開発)が不定期に技術情報やネタを書いていくブログです

Home » Linux MintでチップセットがRTL8812AUなWiFiアダプタを認識させる

Linux MintでチップセットがRTL8812AUなWiFiアダプタを認識させる

USBのWiFiアダプタを使ってネット接続しているんですが、Linux Mintだとデフォルトで対応していなかったので、自分でドライバをコンパイルしたという話です。

あまりこういったことには詳しくないので、用語の使い方が間違っている可能性がありますが、ご容赦ください。

まず、私が使っているWiFiアダプタは、I-O DATAのWN-AC867Uでございます。家電量販店で購入しましたので、当然他にも選択肢はありました。そんな中からこれを選んだ理由は「11ac対応ならとりあえず何でもよかったから」です・・・はい、要するに適当です。

そんな選び方をしたからか、いざ使おうってときになって、Linux Mint 17.1が対応していない機種であることが分かりました。メーカーのページを見ても、Windows用のドライバはあるんですが、さすがにLinux用は用意されていません(Mac用のすら無い・・・)。Windowsではきちんと認識する&接続できることは確認できましたが、Windowsは使いたくないです。

もうしょうがないってことで、ドライバを探すことにしました。世界中のどこかには、きっと対応するドライバを提供してくださっている方がいらっしゃるはず。希望は捨てません。いや、嘘です。この時点で半分諦めてましたw


どうせなので、私がドライバを探しあてた経緯も書いておきたいと思います。

※以下の方法は、あくまで「私の環境でWN-AC867Uを認識させる」という内容です。他の機種・環境でも応用できるかもしれませんが、成功するとは限りません。

ステップ1 – ググる

まずは迷いなく「Ubuntu WN-AC867U」とかでググる、と。使ってるのはLinux Mintなわけですが、こいつはUbuntuから派生したOSで、Ubuntuの解決策がそのまま使えることも多いので、何か調べるときは「Ubuntu」で検索しています。

結果はほぼ全滅。英語のページはさらっとしか読んでませんが、有益そうな情報は無し。機種自体が新しめだったこともあり、そもそも情報が少ないのかと推測。次のステップへ。

ステップ2 – 視点を変える

そもそも、WN-AC867Uでなかったとしても、Linux用のWiFiドライバが公式以外で入手できるのか?という疑問がわいてきました。そこで、「Ubuntu WiFiアダプタ ドライバ」みたいなワードに変更して再検索。ワードがステップ1より抽象的になったためか、日本語のページでもヒットするものが増えましたが、やはり「これだ!」というものは見当たりません。

そんな中、どこのサイトかは忘れましたが、「WiFiアダプタのチップセットを調べて、それに対応したドライバを探せば何とかなるかもYO!」的な言葉が目に入りました。これはまさに神の啓示。私が進んだ道は間違っていなかった。

ステップ3 – チップセットを調べる

啓示に従い、WN-AC867Uのチップセットを調べることに。光の速さで「WN-AC867U チップセット」とググったのは言うまでもないでしょう。この時点では「勝った」って思ってたんです・・・。

はい、お察しの通りです。分からんのです!いや甘かった。一発で見つかるものと思っていました。頭を抱えながら検索ワードを工夫するも、見つからず。あったと思っても、「分解してみてどこかを見れば書いてあるのさ~」とか・・・いや新品で買ったものを分解って。なぜか手元に工具セットがあるけど分解って。

もう諦めようかと思ったそのとき、またしても神の啓示が!!

「なんで英語で探さないん?」

いや、これマジなんです。頭の中で誰かが囁いたんです。(注:危ない人ではありません)

さっそく、検索ワードを「WN-AC867U chipset」にしてググると、やっと出ました。このページ↓

https://wikidevi.com/wiki/I-O_DATA_WN-AC867U

右の方に

WI1 chip1: Realtek RTL8812AU

とございます。長かったぜ・・・。

※このWikiには、他にも様々なWiFiアダプタの情報があるようです。困っている方は検索してみてはいかがでしょうか。

ステップ3 – ドライバを探す

探すもなにも、Wikiのページ内にリンクがあるわけですね。しかもご丁寧にGitHub、READMEにインストール手順まであります。ありがたや。ここまでくれば、もうほぼ一直線でしょう。(https://github.com/abperiasamy/rtl8812AU_8821AU_linux)(※1)

ステップ4 – ビルド&インストール

READMEに書いてある通りです。

sudo cp -R . /usr/src/rtl8812AU_8821AU_linux-1.0
sudo dkms add -m rtl8812AU_8821AU_linux -v 1.0
sudo dkms build -m rtl8812AU_8821AU_linux -v 1.0
sudo dkms install -m rtl8812AU_8821AU_linux -v 1.0

とのこと。cloneの手順から書けば

git clone git@github.com:abperiasamy/rtl8812AU_8821AU_linux.git
cd rtl8812AU_8821AU_linux
# 以下、上で書いたコマンドを順に実行

てな感じかと。httpsでcloneしたかったんですが、うまくいかなかったのでgit@の方でcloneしてます。まだの人はmakeコマンドなど一式をインストールするのも忘れずに。一応、WiFiアダプタはPCから外してやりました。

え?ネットに繋がらないのにどうやってcloneしたのかって?それはほら、背に腹は変えられないってことで、しょうがなくWindowsでやったんですよ。検索はスマホでやってましたがね。

ステップ5 – 動作確認、そして世界へ

インストール後、念の為に再起動。起動してWiFiアダプタを差し込んだところ、なんということでしょう!さっきまで完全に無視されていたアダプタのランプが点滅しているではありませんか!

タスクトレイ(Linuxでもこう呼ぶのかな?)にあるインターネット接続的なアイコンをクリックしてみると、アクセスポイントの一覧がずらり。目的のSSIDを選択してセキュリティキーを入力。無事に世界と繋がることができました。めでたしめでたし。

最後に

かなりあっさり書きましたが、この行程の前や途中にも、結構いろいろ調べてます。いま思えば、なんであんなワードでググったんだ?っていうときもありました。つまらんので割愛しますが。

結論:案外、やってやれないことはない


(※1)余談

ググってみたら、今回使用したドライバの他にもそれっぽいものがありました(https://github.com/gnab/rtl8812au)。うまくいかない場合はこちらを試してみてもいいかもしれません。

Name of author

Name: よーすけ

Short Bio:

主にPHP開発をやってる社内PGです。

2 thoughts on “Linux MintでチップセットがRTL8812AUなWiFiアダプタを認識させる

  • This has been one of my main issues with Linux and Mint in particular. The chipset will have a role in this too, I have had wifi issues with other distros too.

    Reply
  • はじめまして。
    よーすけさんと同じ事を行いたくて調べてると、こちらのサイトに訪問する事になりました。

    また、ドライバを組み込んだ後に動作するようになったみたいですが
    「iw list」のコマンドの情報を教えて頂く事は可能でしょうか?

    宜しくお願い致します。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です